2009年01月04日

訴訟の件のつづき(しつこい)

今回もまた、謎の訴訟の件のつづき。
毎度のことながら、しつこいこの性格ゆるしてネ。
 
 
どっかでもっとわかりやすく解説してくれてる
とこはないかしら?とか思って、
ちょこちょこと検索してみたりしてたんです。
 
そしたらどうやら支払いがされた日付については、
7月10日ってことではっきりしているみたいで、 
どうも失礼いたしました。
 
あと、デパートというのは日本橋三越ですね。
 
 
 
で、ちょっと順番などを少し整理してみようかなどと
思ったりしてみたわけなんですが、
だいたいまあ、こんな感じになりますかね?
 
        ↓



昭和61年(1986年) 6月(頃)
 
  日本橋三越で500万円の指輪を誰かが買った。

昭和61年(1986年) 7月6日
 
  衆参ダブル選挙の投票日

昭和61年(1986年) 7月10日
 
  公明党本部で党の資金から
  500万円の指輪代が支払われる。

昭和61年(1986年) 12月
 
  竹入氏公明党の委員長を退任。


平成10年(1998年) 8月-9月
 
  朝日新聞が竹入氏の回顧録を連載。
  同時に党・教団による
  竹入氏への大バッシングも開始。


平成18年(2006年) 5月19日
 
  昭和61年の指輪の件で公明党が
  竹入元委員長を提訴。
  (内部調査は平成18年1月から)
  (公明党の主張では指輪を買ったのは竹入氏)
  (竹入氏は否定)

平成20年(2008年) 3月18日

  一審判決。公明党からの請求は棄却される。
            →公明党は即日控訴。


平成20年(2008年) 12月4日
 
  東京高裁で訴訟上の和解とやらが成立。
  公明党が控訴を取り下げて、この訴訟はおしまい。


 
 
 
ん〜〜。こうしてみてみても、やっぱり
いったいなんなんだったのか、
どうもいまいちよくわかりません。
 
わかったのは、「支払いはどうやら後払いだった」って
ことぐらいでしょうかネ。
 
まあいいや。誰かが三越で指輪を買ったのは
間違いないことなのかどうかすらも、
あっしらにはなかなか判断むずかしい話ですし。
 
公明党はそれを「百貨店関係者の証言によって」
竹入元委員長だとしているみたいなんですけど、
その竹入氏は「妻のために指輪を購入したこともない」
って言ってたんですから、双方の主張はするどく
相反していたわけで。
 
なのに和解ってやっぱり不思議よね。
 
 
 
あーもっと他に「当時の記録」って残ってないので
ございましょうか?
 
そうだ!矢野さんの手帳は!
 
いやでもそれは、今は創価学会がみんな
押収しちゃってるんでしたっけ?  orz
 
んーーーー。

posted by ちゅうた at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

と あ る 掲示板

他になにか、おもしろそうな話ないですかネ。
 
公明党の訴訟の話はちょっとおやすみして、
ぜんぜん違う話題なんですけど。
 
「若鷹の掲示板」っていう、ソーカ信者の掲示板は
結構知られていますでしょうかね?
 
ほとんど、どの投稿も文章とかすごいめちゃくちゃで、
内容のほうはまったくチンプンカンプンなんですけど、
なんかやまいぬさんとか沖浦さんとか、
あっしも以前少しやりとりしたことのある
かなり重度のメンバー達が、
せっせせっせと互いをののしりあって
楽しんでいるようでございます。
 
とてもおすすめできる掲示板ではないですけど、
創価学会の信者さんたちの実態ともいえる姿をそこに
かいまみることができるかも知れません。
  
ご存知ない方はもししまだったら、参考がてら、
ちょっとのぞいてみるのもわるくはないかと思います。
 
きっとあなたも、かの教団の信者の一人に
なりたくなるに違いありません。
posted by ちゅうた at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

さらに指輪の件

指輪の件です。他におもしろい話もないもので。
 
昭和61年の6月頃(或いは7月)、
それが竹入氏だとは断定できないまでも
500万円の指輪を日本橋三越で誰かが買って、
そしてその代金は7月10日、公明党から支払われた。
 
まあここまでは、領収書や会計の書類が証拠として
提出されているようですんで、
間違いないものと考えていいでしょうかね?
 
証拠といっても、そんなの勝手にいくらでも
こしらえちゃうことぐらい出来るかもわかんないですけど、
それいいだしてたらキリがないですしネ。
 
で公明党は、それは当時の委員長竹入氏が党のお金を着服横領し
奥さんに買ってやったものだと主張して、損害賠償を求めて
提訴しました。が、その主張は東京地方裁判所での第一審では
認められませんでした。
 
公明党は即日控訴したんですが、昨年12月、訴訟上の和解が成立
した旨報道されました。 結局、あっしらにはことの真相については
まるっきりわからないまま、おわってしまった感じですよね。
 
 
 
結局のところ竹入さんは、シロだったんでしょうか?
それもとクロだったんでしょうか?
 
シロクマだったんでしょうか?
 
 
 
クロ(すなわち竹入さんがやっぱし着服横領してた)としたなら
それはその時のその指輪だけの話なんでしょうか?
他にもいろんなことに党のお金を使い込んでたりしていた可能性も
でてきちゃいますかね?
 
それとも本人がいうように、まるっきりの事実無根のぬれぎぬ
であったとしたら、党のお金で購入されたその500万円もする
指輪ちゃんは、誰がどこに持っていっちゃったんでしょうか?
 
創価学会ってルノワールの絵画事件の時も、3億円ほど
どこいっちゃったんだかわかんないまま終わってますけど、
こうゆうなんだかすっきりしない感じって、気持ち悪く
ないですかね?そうでもないですか。そうでした。
 
 
 
つぎはもっと他の可能性などを探ってみたいと思ってるんですが。
 
いつもみなさんアクセスありがとです。
どうぞ期待しないでちょんまげネ。
posted by ちゅうた at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

別な可能性

訴訟はおわってしまいましたんで、
真相があきらかになることはないでしょうけども、
まあでもだいたいこん中のうちのどれかってことに
なりますかね?
 
A.公明党のいうように、竹入元委員長は党のお金で
  自分の奥さんに指輪を買ってあげた。
  竹入氏がとぼけているだけ。
 
B.公明党の話はでっちあげ。誰もそんな指輪なんて
  買っていない。創価教団得意の訴訟責め。
 
C.誰かが党のお金で指輪を買ったのは事実。
  しかしそれは、竹入氏でなく誰か他の人物。

 
でももしかしたら、どれも全部違うかもわかんないです。

 
 
ま、たとえばですけど。
 
 
 
それが公明党のいうように竹入氏であっても、
或いは他の誰かであったとしても、
そもそもの話、誰かが党の資金をねこばばして
高価な指輪なんかを買った場合、
その領収書が党で保管されていて、会計の書類にも記載が
あるだなんて、やっぱりなんかヘンな気がしますよね。
 

あっしが思うにですけど、それって多分
ねこばばとかじゃなくて、いちおうちゃんと、
党の会計担当の人とかも納得するような、
なんかそうゆう理由があって
購入されたのとは違うんでしょうか?
 
といっても、ただの勝手な妄想ですんで、
全然マトハズレなこと書いてる可能性大なんですけど、
でもいちおう、もしかしたら、ありえるんじゃないかって
ゆうぐらいのレベルの話です。
 
500万円の指輪代なんかを党が払うことになっても
おかしくない理由とは?
 
さていったいどんな理由が考えられますかね? 
 
時期は衆参ダブル選挙の真っ只中です。
 
竹入さんの手記にも、矢野さんの出した本にも、
公明党(というか創価学会)が、当時から他党と
選挙協力していた話はでてくるんですけど、
そうゆうのって関係ないですかね?
 
矢野さんといえば、100冊にも及ぶ彼の手帳を
なんで創価学会は返してくれないのか?
これも不思議な話です。
 
考えてみたら、公明党が竹入さんを訴えたのは、
創価学会の人たちが矢野さんの手帳を持ってっちゃった
その翌年ですよね。
 
創価学会が矢野さんにその手帳を返さないのは、
おそらく表にでては非常にやばいようなことが
その手帳に書いてあるからではないんじゃないかとか。
 
(たとえば「○月×日どこどこの誰々になになにを」
 みたいな?)
 
そんな風にかんぐらずにはいられない今日このごろ。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
 
 
妄想くりひろげだすとキリがありませんから、
今回はもうこのへんでということで。
 
それではみなさん、ごきげんよー。

posted by ちゅうた at 00:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

ナイスなブログ発見しました。

きょうもみなさん、こんなブログに
アクセスどうもありがとうございます。
 
いつもつまらない話ばっかしで、ごめんネ、ごめんネ。
 
でも、さっきなにげなくちょこちょこ検索してましたら、
おもしろいブログをみつけちゃいました。
 
この人のブログはおもしろいと思います。
どうやらあっしと同じく元会員の方のようです。
           ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/naitii_20070825
 
 
 
 
色紙のことがとりあげられてて、信者経験のまったく無い人には、
ちょっと伝わりにくい話かも知れないですけど、
創価学会では結構よく「池田センセイから揮毫を戴いた」とか、
そうゆうのやってるんですよね。
しかしなるほど実際届けられるのって、コピーしたやつなんですネ。
  
信者の人たちは、こうゆうのをもらいますと
“池田センセーが直接お筆をおとりになられた”かのように思い込んじゃって、
たいそうありがたがっちゃうに決まってるんですから、
ちゃんとこうゆうの渡す人は先に
「これはすみませんコピーなんですけど」と、そう言って差し上げるのが
親切な気がしますネ。
 
 
 
とはいえ、別にたいして有難くもないものをとても有難いもののように、
ほとんど価値のないものをすごく値打ちのあるもののように、
そう思い込ませるのが詐欺の道の基本ですから、
 
そのように考えますと、さすがやはり創価学会だなーと
あらためて思ってしまう、きょうこのごろ・・・といった感じですかね?
 
今日はこんなとこで。次回もどうぞおたのしみに〜〜。
posted by ちゅうた at 18:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

今年の目標

まじめにもっと他になんか
おもしろい話ないですかね?
 
 
まあいいや。ことしの目標です。
 
 
といっても、べつにこれといって、
目標たてるようなこともないんですけど…。
それじゃダメですかね?
 
 
そうですねーー。
 
・カルトカルトをもっとちゃんとまめに更新する。
・仕事おくれないようにする。
・飛行機とばせるようにする。
・できたらひっこししたい。
 
 
そうそう、できたらひっこししたいんですよ。わたくし。
 
 
あっしの今すんでいるところはあまりにも狭くて、
これではもしも、平山あやさんとかと、
何かの縁で知り合いになって、
突然うちに遊びにきてくれたりしても、
 
「ごめん。うち、せまくてちらかってっからさー」
 
とかいって、結局あがってもらわずに
帰ってもらっちゃうようなことにもなりかねないです。
 
そんなことは絶対にあってはならないことですよね。
 
せっかくおいしいケーキまで買ってきてくれた
平山さんに対して、あんまりにも申し訳ないですし、
それに平成教育委員会ごっことか、チョーやりたかったのに。 
 
ちなみに、もしそれやるとしたら、わたくし、
「ヒラヤマ君ノコタエッ」っていう人の役ネ。
 
 
そんなわけで、わたくしの今年の目標は、
「ヒラヤマ君ノコタエッ」とか「モンダイッ」っていう人の
声の真似をもっと上手にできるようにしとくことと、
 
あと、できたらもうちょっと広いリビングのあるとこに
ひっこししたいと思っております。
 
 
みんな、ガンバロー。
posted by ちゅうた at 02:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

他の人には詐欺師詐欺師という信者たちのことについて

創価学会のことについての話に
もどりましょうかネ。
 
このまえもちょろっと書きました若鷹の掲示板っていう
創価学会の信者さんの掲示板で、
 
去年のいつぐらいからだかはわかんないですけど、
どうやらやまいぬさん他、多数派の信者さんたちが、
同じく信者の一人である沖浦さんのことを
いろいろと非難してきてたみたいで、
 
ま、沖浦さんがよく嘘をつく人だなんてことは、
とっくの前から、知ってる人は知ってるでしょうから、
それはまあ別にかまわないにしましても、
 
やまいぬさん達創価学会信者の面々が、
人のことを詐欺師詐欺師いってたり、
徳の話なんてしてたりすると、
 
そうゆうのもある程度はみてきましたんで
今更吹き出したりはしないですけども、
 
やっぱりなんか、笑えるものがあるのは確かですネ。
 
 
あの人たちがいまだ心酔しきっている創価学会って教団が、
ニュースで報道されるような詐欺事件なんかの、
何万倍のお金を集めているのか。
またその金は、どんな人たちをだまして集めた金なのか。
 
ちゃんと調べてみないまでも、なんとなくは、
あの人たちにだってわかってるはずだと思うんですけど。
 
しかし、あの人たちにとってはおそらくそんなことは、
きっと、深く考えるべきことではないんでしょうね。
 
 

そのわりには沖浦さんに対してはさかんにみんな
詐欺師詐欺師いってるわけですから、その辺に、
あの人たちのずるさというか、こころねの悪さ、
ご都合主義的な邪悪さみたいなものを
感じずにはいらんないです。
 
ま、あっしもそんなこと人にいえちゃうほど
完成された人間ってわけでも善人ってわけでも
ないんですけどネ。
posted by ちゅうた at 00:03| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

教団内でのリンチの話

今回は、宗教団体内でのリンチのお話です。
 
創価学会のことではありません。
紀元会という教団でおこりましたリンチ殺人事件の話です。
 
事件がありましたのはおととし(2007年)の9月ですね。
1年以上も前の話ということになりますけど、
驚きの事件ですから覚えてる人も結構多いと思います。
 
また、実際に人が死んでますんで、
あまりふざけたコメントは厳に慎まなければなりませんけども、
カルトというものを問題視し、考えていくうえで、
こうした事件が実際にあるってゆうことにも
思いをめぐらせる必要はあるかもわかりません。
 
一体なぜ?どうして、このような事件がおこりえるのか?
これはあくまで特殊なケースとみてよいのか?
それとも同種の話など、いつ、どこでおこっても
おかしくない話なのか?
 
報道内容に目を通せば、もちろんとても残酷な話のように
思えるんですけど、ではあっしらの心の中はどうなのか?
同じような残酷な攻撃性がひそんだりしていないのか?
 
ま、諸々あるにはあるんですけど、ちょっとわたくしには
重いテーマで、とりあげるには無理があったかもわかんない
ですけど・・・・・。
 
で結局、今回はまったく本題にふみこめませんでしたが、
でもまたつづき書かせていただきたいと思っていますんで、
どうぞよろしくお願いしまーす。
posted by ちゅうた at 00:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

おひさしぶり

どもどもアクセスありがとございます。

すみませんね〜今年の目標のひとつに確か
「記事を頻繁(←ひんぱん)に更新する」みたいなのも、
確かあげてたような気もすんですけど、

季節はなんだかもう初夏っつっても
いいような気候になっとるじゃないですかね。
(せまるぅぅぅーー ショカッ! なんちって)

それはまたそれとしまして、
世間ではほんとにまったくの不景気で、
私なども、本業は製造のほうですんで
結構もろにそのあおりなんかをくらっております。

みなさんの周辺ではみんな大丈夫でございましょうかね?
自殺なんてしないでよネ。

それとあと、なんだ?
新型インフルとか。民主党代表交代とか?
我らが池田大作センセー様の毎日新聞の件だとか。

まあいろいろありますけど、それはまたまたそれとしまして、
気が向いたらまたなんかまじめなことも書くように致しますんで、

どぞまたみなさん、よろしくプー

posted by ちゅうた at 02:09| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

感染予防

もちはき〜りもち。もちはき〜りもち。
 サットオ〜のき〜りもち。(ハ、もっちもっち、もちもちっ)

なーんてCMのフレーズが昔あったんですけど、
みなさんご存知ないかしら?
それはまあともかく、テレビじゃなんか、ほんと、
新型インフルの話でもちきりですよね。
 
マスクとかも、お店ではどうやらみんな売り切れのようですし、
あとはまあ対策としては、手洗いとかうがいとか
そうゆうのですかね?

ここぞとばかりに必死にそうゆうのやって感染予防に励んでみたりも
悪くないかも知れません。なんかはやってるみたいですし。
やはり健康が第一です。




さて、うがいといえば。またちょっとあれなんですけど。。。


ガラガラうがいをしながらですね、
 
 ♪くりかえーす。このポリリズム
 
とか歌って、「パヒュームの真似〜」
なんてゆっちゃってるようなそうゆう人。


そんな人には多分ウィルスだって、あきれて
近寄ってくる筈もないでしょうけども
どっちかっていったらインフルエンザの脅威より、
そんなへんな空気をまわりにまきちらして、
  「アホがうつる」と、みんなからうっとおしがられる
そうゆう懸念のほうが、実ははるに大きかったり
しないでもないですよね。
(「それってちゅうたのことじゃあないの?」といった無礼千万なコメント可。)


でもこの記事を読んで、逆にその「ガラガラうがいパヒュームものまね」を
ちゅうたにならってカラオケとかでやってみたくなっちゃった人は、
もちろんそれは、やるのは勝手ですけど、
そこはまさに”自己責任”ってことで、どうぞお願いいたします。




そんなわけで、またまたどうでもいい話ばっかで
毎度のことながらすまぬでやんす。


次回は「チョコレートディスコのあの振り付けにもの申す」です。(うそ)

お楽しみにー。

posted by ちゅうた at 00:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

懲役14年

まいどみなさん、アクセスありがとでーす。

いきなりですが、今日はゴーストやる日ですね。
だからしょうがないんですけど、
深夜のアメドラの観すぎには、
みなさんどうぞ気をつけてくださいませね。

そんな個人的な趣味の話はおいとくとしまして。

さっきニュースでやってたんですけど、
以前つかまった、えびの養殖の詐欺会社の元会長の判決が
なんかどうやらでたらしいですね。
懲役14年の実刑ということで。

いちおうネットでも検索してみましたら、裁判長も
「会社組織を利用し、金銭を効率的に詐取
 するための出資プログラムを作るなど
 組織性、計画性とも悪質さが際立つ犯行。」と、
厳しく非難したそうで。

そりゃまそうでございましょう。

ま、我々なんかからすれば、この黒岩って人が
会社組織を利用してやってたのと同じく、
会社ではなく宗教組織を利用することで、はるかにもっと、
より効率的な搾取を行っているあの人たちにこそ、
重〜い判決を下していただけないかと、

そんな風にまたちょっと思ってみたりしたちゅうたなのでした。


あとみなさんからも、ご意見・反論・酷評等ございましたら、
バシバシ寄せてちょうだいませネ。

ebi.jpg

posted by ちゅうた at 00:19| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

幸福実現党

毎度毎度、中身からっぽおつむからっぽの
カルトカルトDXでございまーす。
アクセスどうも、ありがとです。

また話はかわりますけども、

今回は幸福実現党。
公明党以外にも、またこんな宗教政党ができちゃったようですね。

幸福の科学といえば、そういえばと思って、
本棚の奥にしまってありました「明王伝レイ」を
ひっぱり出してきて、
で、今さっき、ちょっとばかし読み返してみたわけなんですけど。

これ結構おもしろいんですよね。

内容はまあ、メチャクチャってゆうか・・・なんちゅうか、
ちょっとまああれなんですけど。

でも、レイの親父が宝輪をかざすあの名シーンとか
結構感動ものですよね。


   我がわざは、我が為すにあらず。

     天地(あめつち)をつらぬきて生くる

       明王神(みおや)のちからなり。


な〜〜んていって、「破邪!」とかいって
みなさんも昔よくまねして遊んでましたよね。
遊んでないですか?そうですか。

どっちかっていったら北斗神拳のほうですかね?
それならばまーそれはそれでまた結構じゃないですかね。

なんのこっちゃ?ってゆうか、

幸福実現党の話はどうしましょっかね?まあいっか。



そんなこんなで今回は、菊池としをさんの「明王伝レイ」を
とりあげてみましたが、みなさんいかがでしたか?

次回は、知ってる人は知っているあの名作
「明日に向かって投げろ」です。(またうそです)

どうぞお楽しみに。




myououden3.jpg   myououden2.jpg そ、それでいいんだ


      myououden1.jpg 大日大聖 不動明王 顕現!
posted by ちゅうた at 21:47| Comment(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

マンガん中で描かれてる宗教政党

いきなり、なんですけど。

宗教政党+マンガの話っていったら、普通はやっぱり
『20世紀少年』に決まってますわよね。

というわけで、予定してました『明日に向かって投げろ』と『ざくろの花』
についての話は「いずれまた」っとゆうことで。

「ともだち」や「民友党」、「カンナ」のことなんかを語りたい人、
コメントどうぞです。

つづきはWEBで。なんちゃって。
posted by ちゅうた at 03:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

めたふぁ〜

kanna.jpg

tomodachi.jpg


はいはいどうも、コンビニ屋。


とかなんとかいってますが、いつもみなさま
アクセスありがとうございますです。
 
今日ですね・・というか正確にはもう昨日なんですけど、
私も目撃しましたよ。幸福実現等の宣伝カー。
 

全国で立候補者たてるってゆう話ですから、
あっちこっちでみかけられてることだろうとは思いますが、

なるほど、これはどうやらマジっぽいですね。
マンガの世界の話じゃあないんですネ。
 
公明党だけでも、ほんと、うっとおしいってゆうのに。
どうゆうつもりなんでしょうね?知らないですけどね。
 
           ◇
 
そんな話はさておいて、また丸っきり別の話です。

先程わたくしなにげに、なだいなださんのブログを
ちょっとのぞいてみたんです。

そしたらなんかすごい

  「君は春樹のスピーチを読んだか」って

ちょっとズキュンとするような問いかけが
熱く投げかけられているじゃないですか。

「いえすみません。恥ずかしながら、いまだまったく」

と、心の中でわびつつも、そんなに読むべきであれば
読んどかなきゃと思い立ち、
例のエルサレム賞受賞の時のスピーチ、
今日(6/10)になって初めて私も読んでみました。

まあ元々話題になっちゃってましたし、
今になってまたあっしなどが賞賛を述べたって
なにも始まらないしまったくもってしょうがないんですけど、
さすが、しゃれてるというか、かっこいいですね。


メタファーって、基本的にというか、
使う人や使い方によっては、あんまし共感できないケースも
ままあるじゃないですか。特に
政治家さんとか、宗教屋さんとか。

でも村上氏のこの話は、なるほど
ニュースでもとりあげられてましたし、
いろんな方々が絶賛されてるのも
すごい肯けるお話ですね。

もっと早く紹介してくれてたらよかったのに。です。

てか、それはおでが読んでなかっただけの話か。
これってほんとは2月の話でしたっけね。

まあいいや。はっはっは。


それはそれとして、”スピーチ”っていいますと、
いや、あっしらなんかはどうしてもやはりまっさきに、
やつの顔と声が浮かんできちゃうわけですけど・・・、

やつってのはまあ、これも今更
多くは語るまでもないでしょうけど。


ともあれ、村上氏みたいにカッコヨクは
いかなくても、あっしらだって願わくば、
高くて固い壁(システム)などよりも、
やっぱり常に卵サイドに立っていたいと、
そうゆう気持ち・決意を持ち続けて、
地道にでもがんばっていかないとじゃないかと。

へっぴり腰なりにも、そんな風にちょっと思った、
今日のちゅうたでございました。
posted by ちゅうた at 03:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

悪徳宗教業者

hanko.jpg 
開運・カルトカルト印鑑(¥5,000,000〜) ¥10〜 大特価セール中
カラー:赤・青・黄色


どうもどうもです。

こんなクルクルパ〜なブログ、
今日もまたわざわざ見にきてくれちゃった皆さん、
いつもありがとございます。
クルクルパ〜がうつらないよう
くれぐれもご注意下さいませでございます。

さて、高額で印鑑を買わせる会社に家宅捜査
ということで、あっしもニュースでそれみたんですけど、
この業者はどうやら統一協会系ってことらしいですね。
教団のほうは「関係ありません」とかいってるようですけど。
 
ま、それはそれとして、

創価学会の場合は、さすがにまあ、
「このままでは命がなくなる」みたいなことを
まったくピンピンしてる人に向かって言うことも
あまし無いでしょうけども、

しかし例えばガンとかそういった病気になった人だとか、
あるいはその家族に対してだと、けっこう、
その機に乗じての勧誘は、
行われてるのが実態といってよいですよね。

みんな知ってることですよネ。

あんまし「この信心、この信心」しつこい信者には、
うるせーこのクルクルパ〜、かえれバカ。
ぐらいのことは多分、言ってやっても
いいかも知れませんね。

たまにニュースで報じられるこうした印鑑とかの
霊感商法も、もちろんタチの悪い業者ですけども、
人の不幸や悩みにつけこむことに、
まるで胸を痛めることなんて無い、
そうゆう感覚の信者たちの集団。

創価学会に対してのあっしのこの認識は
おそらく間違ってないと思います。

創価学会だって、そのタチの悪さは、
他の霊感商法・開運商法の業者に
まったくひけをとっていない、いやそれどころの話でなく、
むしろはるかに巧妙に、
実際に、莫大な資金を集めているわけで。

            ◇

さらにいわせてもらっちゃえば、
ちょっと話はそれますけど、その彼らの代表選手が
公明党の議員さんたちなわけですから。

選挙が近づいたら彼ら信者の直撃訪問を
うちもまたうけると思うんですけど、
ほんといったら、こんな人たちに誰が一票投じるもんかい。
ってぐらいの気持ちなんですけどネ。

とはいってもあっしの場合は表面上はいつも、
ひじょうに、ていちょうに、
お断りするようにしております。

こしぬけちゃんでごめんちゃいネ。
 
            ◇

さてもうまもなく、
例によってその、きちがいじみた票集め運動がまた
始まるのでしょうけど。もう始まってんのかな?

悪徳業者やインチキカルトに捜査のメスがはいることは
結構なことだと思います。
しかし創価学会の場合は、政治権力さえも既に手中におさめている
巨大な組織ですからね。
系列大学のCMなんかが流れてたりするのも、
はぎしりしながら見ているしかないのが現状といわざるをえない
感じなんですけど。

せめて選挙で、こんな悪徳宗教政党ボロ負けしてくれたら
それはそれで小気味いい話じゃないかと、
今日もひそかに思っている、腰抜け小市民・ちゅうたでございました。
posted by ちゅうた at 20:34| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

カルトが政治に関わりたがる理由

またまたいきなりなんですが、
カルトが政治に関わりたがる理由って、
どんなものがあげられますかねえ?

ま、そんなん知ったこっちゃないっていえば
話はそれまでなんですけど。

創価学会なんかはその昔は、
自分らの宗教儀礼をやる施設を『国立で』造りたい
なんて目標というか課題みたいなのが、
確かにその昔にはあったみたいなんですけど、
それはもうまったく遠い過去の話で、
今はそうゆう教義ではなくなったみたいですよね。

表向きだけの話では?と怪しむ人も
いなくもないでしょうけども、
そんな裏のことまではさすがにほんと
知ったこっちゃないですネ。

また、創価学会が昔から、
最大の目標というか課題としてかかげているのが、
彼らのことばでいうところの「広宣流布」なのは、
信者でない人でも知ってる人多いと思います。

政治権力を背景にして、
その目標を遂げようというのが
創価学会および公明党のねらいではないのか?と、
そんな風に危ぶむ人が多くいるのも
無理ない話な気もしますね。

そういえばさー、

そうゆうことつまり、政治権力を使って教えを広めると
いったようなことは、
政教分離の原則に反するのかどうか?
といったやりとりが、国会でもあって、
それ、ニュースになってましたよね。
去年の10月の話でしたよね。

今、議事録検索でその時の、
麻生総理も含め、管さん、公明党の富田議員、
内閣法制局の宮崎長官らの国会でのやりとりを
ちょっと読み返してみたりしたんですけど、

でもどうも答えがチグハグで、
結局どっちなんだかいまいち
よくわかりません。

公明党の富田議員が、なんか納得してるみたいなんで、
最初(7日)の答弁では違憲とされてた
「政治権力を使って教えを広める」といったようなことも、
結局どうやらそうゆうのも憲法の原則に反するものじゃ
ないって風な結論になったんでありましょうかね?

ゲゲゲ〜?って感じなんですけど。

それはとりあえず今回は置いとくとしまして。

カルトが政治に関わりたがる理由の話に
戻りたいと思いますけど、

あとはま普通に、
詐欺にも等しいインチキ行為を取り締まられたりして
教団が不利益をこうむったりとかしないように、だとか、
便宜のうえで政界とのつながりは
確保しておきたいといったような、
ちょっと漠然とはしてますけどそんなような理由も
結構あるもんなのかも知れないですよね。

他にあと考えられるのは、
20世紀少年でも描かれてるように、
教祖的指導者の思いつき的な無理難題も、
盲目的信者は、言われたとおりに実現しようと、
とにかくがんばったりしちゃうもんなんで、
そうゆうのはけっこう、おっかないです。

その教団の教祖的指導者の地位にあがっちゃった
バカな人がもし「政界を牛耳りたい」「世界一の王になりたい」
なんて野心めいたことを考えちゃったら、
忠誠を誓うその教団の信者たちは喜んでそのための
あらゆる工作を企てるに違いありません。
漫画とかじゃなくて実際ほんとにそうゆうのありそう。

まあこれも勝手な想像ですけど、

もっと他に、「こうゆうことでは?」みたいな意見のある人、
コメントのとこに、ご自由にどうぞです。

創価学会寄りなご意見ももちろんOKっす。
いろいろご教示いただければ幸いでございます。
posted by ちゅうた at 19:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

本が届いた。

どうもみなさん、こんにちわおです。
マイケルジャクソンの好きな色? アオッ!

前回は、カルトが政治に関わりたがる理由ってことで、
なにげに思いつくままうだうだと書いてみたんですけど、
犬のメメさんからナルホドないいコメントいただけました。

このブログは、基本、記事のほうは中身からっぽで、
どっちかっていったら皆さんからのコメントのほうが
おもしろくある、そうゆうブログですんで、
(実に前からそうなので)そんな感じで
どうぞよろしくお願いします。わお。



それはさておき、
注文していた本が届いたのでございますよ。

村上氏の本には負けるでしょうけど、
一部でちょっと話題の、あの、
元公明党委員長・矢野絢也氏の『黒い手帖』。デス。

           techou.jpg

届いたばっかしでまだ読んでおりません。
てか、この手の本は、
読むのちょっと、めんどくさいんですけど。。。

うーん。

でもなんか、目次とかみてみたら、
「なぜ政界進出が必要だったか?」(P244)
ですとか、
「手帖に記した口外できな秘密」(P91)
とか、結構読んでみたくなるような
内容になってるみたいですね。

教団の竹入さんに対する異常なまでの攻撃ぶり
についても、もちろんふれられてる箇所がありますね。
「事件のでっちあげまで」(P71)の項では、
まあほんのちょこっとですけど、
さきの公明党の起こした訴訟のことなんかも
書かれてるようですんで、

正直、わたくし、本を読むのは
かなり苦手なんですけど(漫画は好きですけど)、
めんどくさがってばかしいてもしょうがないんで、
あとでじっくりと読んでみたいと思います。

読んだらまた、もうちょっとくやしくお伝えしますんで、
どぞまた皆さん、お楽しみにでーす。

posted by ちゅうた at 01:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

本の話はまだなのね。

いつもアクセスありがとです。
カルトカルトDXでございます。

矢野さんの本のレビューなんですけど、
どうもすみません、まだぜんぜん読み終わってないんで、
どうかもうしばらくお待ちくださいです。

普段から本あまし読んでない人は、読むのも遅いんです。

でも、ドプチェクさんからまた
おもしろいコメント投稿してもらえてますんで、
そちら読んでていただけたらです。

よかったら皆さんからのご意見もどうぞどうぞ
遠慮なく書き込みしてっちゃってくださいませ。

おーいえー。

posted by ちゅうた at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

写真だけね。

アクセスありがとうございます。
どうも皆さん、こんにゃくちくわわお。


某市の某駅すぐ近くにある
某教団の、これは集会所でしょうかね?

     koufuku.jpg

この道はいつもよく通る道なんで、
前から気にはしてたんです。

でも知り合いの信者がいるわけでもなし、
さすがに突撃取材なんてする勇気は無いので、
写真だけでご勘弁です。



駅前のほうでも、一人でなんか、
チラシを配ってる人がいたんですけど。(信者さんですかね?)
それは写真なしです。

昔の杉並駅前の、ものすごい人目ひいてた
あのオウムの街宣パフォーマンスに比べたら、
こちらの幸福実現党さんのほうは、はるかに地味で
好感もてそうな気もしないでもなかったんですけど、

でもマジで、

公明党だけでもほんとーーーに、うっとおしいってゆうのにもー。
ぜったい信者の人達、だまされてると思います。
皆さんはそうは思いませんですか?



創価学会の現役信者さん達からしたらどうなんかも、
ちょっと聞いてみたい気もしますね。

多分間違いなく創価学会の信者たちはまた、
他の政党や教団のことなんかは、
ばかにして悪口いうに決まってるんですけど、
やつら創価信者ってゆうのはほんとにもう、
自分達も一緒だってことにはまるで気づく様子がないので、
そうゆうところはまあ見方によってはおもしろくもありますよネ。

痛いにもほどがあるだろう?って感じですけど、
あたまパァなのはあっしも一緒なので、

今回はこんなところで。


ふざけたブログでゴメンナサーイ。
posted by ちゅうた at 02:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

サリン事件の番組観た

マイケルジャクソン。驚きましたよね。

あっしなどは、マイケルジャクソンの好きな色。アオ!ってゆうやつ
それ、はやらせようとか思っていたのに。ご冥福お祈りします。



ところで松本サリン事件のやつ、みたひと。みたひと。
6月27日ってサリン事件の日だったんですね。

あっしもテレビ観ながら、ちょっともらい泣き
しそうになりましたけど、なんとか大丈夫でした。

こうゆう事件も忘れ去られちゃうもんですけど、
テレビでやってくれてよかったです。
またこうゆうこと書くのも恥ずかしくもありますけど、
夫婦の愛に、とても感動しましたよ。
あと警察や報道というものの恐ろしさも
非常によく伝わってきました。

しかしやっぱしあれですね。
番組ではあんまし描かれてませんでしたけど
オウムのその、殺人ガスをまくほどの
いかれっぷりに思いをめぐらせると、
カルトやマインドコントロールの
そのおそろしい威力に、あらためて戦慄しますね。

こうゆう事件、二度とあって欲しくないですね。

posted by ちゅうた at 00:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。