2010年01月18日

矢野元委員長の本届きました。

アクセスありがとうございます。
カルトカルトでーす。

新聞各紙では小沢一郎祭り状態ってことらしいんですけど、
この問題もまあ、この先どうなっちゃうのかしらですね。
おでしーらね。

そんな中、あっしのもとには、
矢野元公明党委員長の本がやっと届きましたです。

いや。こないだたまたま古川さんのブログの記事
拝見させてもらっていたら、この本のことが少し書いてあって、
なんか結構おしてたみたいなんで、思わずあっしも注文したのです。

古川さんのブログによれば、これまでの「矢野本」の中で
もっともディープってことらしいんで。
でも、はじめのほうすこし読んでみた感じ、けっこうリラックスして
読めそうな感じなんで、まあゆっくりと読みたいと思います。

watashiga.jpg 『私が愛した池田大作』 矢野絢也著

少しだけ中身のほうも紹介させていただきましょうか。

池田のエピソードとして、ネットではわりと有名な
「日蓮の生まれ変わり?」事件のこととかも
ちょこっとだけですけどでていますネ。

事件っつうほどのものでもないですけど。
みんな知ってますかね?

池田せんせいさんってばさ、日蓮が幼少時代をすごした寺に
訪れた際に、どうゆうつもりかその境内の杉の木をなでながら、
 
     「久しぶりだね。700年ぶりだねぇ」

とかなんとか、そんな風なことつぶやいたってゆう話らしいんですけど

(※矢野さんのこの本では「なつかしいなあ!」と声をあげた。と
  いう風になっていますが)、

ともかくもこの話は、学会や公明党内では当時(昭和49年?)
「やっぱりそうか」「すごーい」といった調子で語られていたという話です。

あっしももちろん、ちょっと違った意味でですけど
この本のこの辺のくだりを読んで、
「やっぱりそうか」「すごーい」とゆう風に、笑ってしまったわけですけど、

池田せんせい、さすがやっぱりじゃないですかネ。すごいです。


ほいではまたです。次回もよろしくでーす。
posted by ちゅうた at 02:53| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。