2010年01月14日

信仰心による悲しいニュース

またきのうのつづきですけど。 
【宗教】って分野は、ほんとそうですよね。
どんなにてきとうな話もおうおうにして、
いったもん勝ちですまされちゃってんのが
どうも実状のようですけど、
 
今日のニュースでやってました
福岡の事件なんかは、
まったく笑い事では済まされない話じゃないですかね。

「新健康協会」って名前の団体らしいですけど。
逮捕された両親も、生粋の信者さんみたいで、
教団の職員さんって話らしいですね。

でもなんか、広い意味ではこの人達も
被害者なのでは?とゆう風な気も
しないでもないですね。

          ◇
 
創価学会でももちろん、
祈祷(?)もむなしく病気の信者さんが
亡くなってしまったりなんてゆうことは、
結構あるわけなんですけど、

創価学会の場合ですとこれが、
「前世の宿業がそれだけ深かった」だとか、
「信心の力で見事な成仏の相をあらわした」とか、

またいろんな【設定】が、ちゃんともうけてありまして、
信者たちが、

 創価学会の信仰なんて実はそんな
 不思議な力なんて、無いんじゃないの〜〜?と

とゆう具合にならないよう、
そこはいろいろ工夫こらしてありますよね。

いや、どちらかといえば、むしろこれは、
信者たちのほうが、なんか、
自分たちのしてること、してきたことの無駄さ加減を
思い知ってしまうことを嫌うあまりに、
勝手な理屈だとかをこしらえてしまう
そうゆうケースも、よくみられると思います。

まあ、笑い事ですむあいだは、
それでもいいかも知れませんけど
すまないことも現にあるってゆうことだけは、
覚えておかないといけませんね。自戒を込めつつ、

というわけで次回もどうぞまたよろしくです。

posted by ちゅうた at 22:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。